別所支部長が再選  第54回総会
就任あいさつをする別所支部長(右から2人目)と
(右から)三ツ橋、石渡、松室各副支部長

 当支部(別所宏昭支部長)の第54回総会は4月23日、大阪市中央区のヴィアーレ大阪で開かれました。出席者は120人(本人出席46人、委任状74人)。
 議事に先立ち、別所支部長は「サブプライムローン問題に端を発する株価下落、石油価格の上昇による物価高騰と、景気は不透明感を増している。建設業界においても、堺のシャープ工場、姫路の松下工場、阪急、阿倍野近鉄百貨店の建て替えなど、民間大型工事があるが、単価は低く抑えられている。このように環境は厳しいが、私たちは塗装の技能・技術を磨き、エンドユーザーに喜んでいただける仕事をすることで局面の打開を図れるのではないか。そのような施策の一貫としてペインテナンス事業、基幹技能者などを位置づけており、組合や近畿建専連とも協力し、団結して業界の課題に取り組んでいく」とあいさつしました。
 続いて平成19年度事業報告・決算報告・監査報告、会費徴収方法、支部規約一部変更、平成20年度事業計画・予算案を可決承認しました。

 任期満了に伴う役員改選の結果は次の通りです。

【支部長】別所宏昭(再選)
【副支部長】五十嵐建二▽石渡良道▽松室利幸(以上留任)▽三ツ橋建彦(新任)。